金. 3月 1st, 2024

ビタミンCの良い源です

オレンジはビタミンCが豊富で、免疫系の増強や病気への対抗に役立ちます。炎症を減らし、心臓を保護し、傷の癒合を速めるのにも役立ちます。しかし、果物を適量食べることは重要であり、過剰に食べると消化不良や胃の不調につながるからである。また、胃食道逆流症患者の胃灼熱を引き起こすこともある。

みかんや柑橘類の果物を空腹で食べたほうがいい。このようにすることで、体はすべての栄養を吸収することができます。朝にこの果物を食べることもお勧めします。疲労に対抗して、エネルギーレベルを高めるのに役立つからです。

カリウムの良い源です

オレンジはカリウムを提供し、心臓と神経に重要な電解質ミネラルである。ビタミンC、葉酸、コリンも含まれています。また、それらは繊維の良好な源でもある。しかし、体は限られた数の繊維しか吸収できないことを知っておくことが大切です。摂りすぎると、腹部膨満、痙攣、吐き気などの消化器系の問題を引き起こすことがあります。

それらはとても良い繊維源です

オレンジは食物繊維が豊富で、ダイエットを助け、腸の健康を保つことができます。ビタミンC、葉酸、カリウムも提供されています。これらの栄養素の摂取を増やすことは、心臓病、糖尿病、高血圧のリスクを下げるのに役立ちます。

たくさんのメリットがあるにもかかわらず、一度にオレンジを食べすぎるのはよくありません。これは、胃の不調、下痢、痙攣、吐き気を引き起こす人がいるからです。朝の空腹時にこれらのレモン味の果物を食べたほうがいい。また、寝る前にオレンジや他のレモンを含む食べ物を食べるのは避けるべきです。

By admin