金. 3月 1st, 2024

ダイエットに役立つ

レモンは低カロリーの柑橘系果物で、ビタミンCとクエン酸が豊富です。それらはペクチンの源でもあり、ペクチンは消化を促進し、便秘を予防する可溶性繊維である。

朝にレモン入りのお湯を飲むと水分を保つのに役立ちます。ミルクコーヒーや糖分果汁などの他の高カロリー飲料に取って代わることができれば、ダイエットを促進する可能性があります。しかし、熱不足を招かなければ、お腹の脂肪を減らすことはありません。

デトックスに役立ちます

レモンはデトックス食によく見られる成分だが、レモンが「デトックスできる」と主張するのは、人間の生理学的な誤った仮定に基づくことが多い。レモンの強力な抗酸化剤であるリモネンが肝臓のデトックスを促進する証拠があるが、人体の新陳代謝や脂肪損失に与える影響の程度は不明である。

しかし、レモネードを飲むことは、お腹の脂肪を減らしたり、消化管をデトックスしたりするのに役立ちません。これらのタスクを遂行するためには繊維と栄養が必要で、これは果物や野菜を含む健康的な食事を食べることで得ることができます。レモン汁は、長い睡眠後に体に水を補給し、排便を刺激することで消化を促進するのにも役立ちます。また、鉄の吸収を助けることもできます。

それは消化に役立つ

レモンにはペクチンが含まれており、消化や満腹感の促進に役立ちます。それがレモネードを飲むことでダイエットに役立つと主張する人がいる理由です。しかし、これは神話です。レモンジュースはカロリーが少ないが、脂肪を燃やす食べ物ではない。逆に、あなたの食事にレモンで作ったおいしいドレッシングや漬物を加えて、風味と栄養を高めてみてください。

レモンのビタミンCは免疫力を高め、感染対策に役立ちます。消化と肝臓の解毒にも役立ちます。

腹部膨満を減らすのに役立ちます

レモン水を飲むことで、水和作用を促進し、体の脂肪分解を助けることで、お腹の張りを減らすことができます。レモンの中の液体は、栄養物質を細胞に輸送し、無駄をなくすのにも役立つ。歯や食道へのダメージを防ぐために、希釈したレモネードを飲んだほうがいい。食前にレモネードを大杯飲むのは避けてください。それは胃を酸っぱくするからです。逆に、あなたの水にレモン汁やACVを少し加えて、食事の5 ~ 10分前に飲みます。

By admin