木. 5月 30th, 2024

-1
ヨトウムシは庭の厄介な害虫です。夜に飛ぶ蛾の幼虫(毛虫の形)です。蛾自体は作物に害を与えませんが、ヨトウムシと呼ばれる幼虫は、地上または地上近くの茎を食べて若い植物を破壊します。
ヨトウムシが苗木を攻撃している場合は、ヨトウムシを駆除する方法を知りたいでしょう。ヨトウムシの防除は少しのノウハウで可能です。
ヨトウムシの害虫を殺す方法の詳細については、以下をお読みください。

庭のヨトウムシ被害

種が異なれば色も異なるため、ヨトウムシを識別するのは思っているほど簡単ではありません。黒、茶色、灰色、黄褐色のものもあれば、ピンクや緑色のものもあります。斑点や縞模様、さらには土の色合いを持つものもあります。一般に、ヨトウムシの長さは 5 cm (2 インチ) を超えず、持ち上げると C 字型に丸まります。
ヨトウムシは日中は土の中に隠れているので、見つけるのはそれほど簡単ではありません。夜になると出てきて植物の根元を食べます。ヨトウムシの種類によっては、植物の茎をより高い位置に登って食べるため、被害が大きくなります。いずれの場合も、最大の幼虫がヨトウムシの被害を最も大きくします。

ヨトウムシ駆除について

ヨトウムシ対策は予防から始まります。ヨトウムシの問題は通常、耕されていない場所で悪化します。土をよく耕すか耕すことは、土の中で越冬する幼虫を殺すので非常に役立ちます。
雑草を取り除き、早めに植えることもヨトウムシの侵入を防ぐのに役立ちます。ヨトウムシに孵化する卵は枯れた植物の上に産み付けられるため、植物の残骸を拾うことも良い選択肢です。
注意深く監視しながら予防を続ければ、ヨトウムシの被害を最小限に抑えることができます。害虫の発見が早け​​れば早いほど、ヨトウムシの害虫は体長 1.25 cm (1.25 cm) 未満のときに駆除するのが簡単になるため、ヨトウムシの駆除が容易になります。

ヨトウムシを駆除する方法

ヨトウムシの駆除方法が気になる場合は、幼虫を引き抜いて潰すか、石鹸水に浸すなど、毒性のない方法から始めてください。そして、植物の残骸を除去して破壊すると、そこに産まれているヨトウムシの卵も除去して破壊することになります。
ヨトウムシによる苗の破壊を防ぐ 1 つの方法は、ヨトウムシの侵入を防ぐバリアを作ることです。移植片の周りにアルミホイルまたはボール紙の首輪(トイレットペーパーの芯を思い浮かべてください)を置きます。穴を掘るワームの侵入を防ぐために、バリアが土壌まで伸びていることを確認してください。
ヨトウムシ害虫を殺すために化学殺虫剤を使用することもできますが、これは最後の手段としてください。ヨトウムシが餌を求めて出てくるので、どうしても農薬を使用する場合は夕方に散布してください。
また、ヨトウムシを殺すために有機農薬を使用することも検討してください。漂白剤を含まない食器用洗剤と水で植物を洗うことも、ヨトウムシによる植物の攻撃を防ぐのに役立ちます。もう 1 つのアプローチは、多くの毛虫型害虫を標的とする天然に存在する細菌であるバチルス チューリンギエンシス (Bt) の使用です。庭のヨトウムシを処理する効果的で環境に優しい方法となります。

By admin