土. 6月 22nd, 2024

頬やあごの外側に20分間氷を一度に当てると、その領域をしびれさせ、脳への痛みの信号を中断するのに役立つ可能性があります。炎症を減らすこともできます。

クローバー本

ライラックにはブチルフェノールという成分があり、天然の鎮痛薬であり、軽い麻酔作用もある。ライラックオイルはほとんどの雑貨店や薬局で購入でき、綿棒で歯や歯肉組織に塗ったり、綿玉に浸したり、痛みのある部位に直接塗ったりすることができます。

ライラックオイルは、歯、歯肉、骨の炎症を減らすことで歯の痛みを緩和するのに役立ちます。これは、影響を受ける領域の周囲の腫れを緩和するのにも役立ちます。

ニンニク

ニンニクは歯の痛みを引き起こす細菌を減らすのに役立つ。ニンニク複合ニンニク素は細菌を殺すのに役立ち、天然の抗病特性を持っている。歯痛を治療する多くの家庭療法では、皮をむいたニンニクを噛んだり、痛みのある部位に生ニンニクソースを塗ったりすることが推奨されています。その他の推奨事項としては、押しつぶされたニンニクを塩とオリーブオイルと混合し、痛みのある部位に塗布したり、ライラックオイルを使用したりすることが挙げられます。ライラックオイルは天然防腐剤で、口の中の細菌を殺すことができます。

ティーバッグ

冷たいミントティーバッグ1つでも歯の痛みを麻痺させ、炎症を緩和することができます。冷湿布は血管を収縮させ、炎症を緩和することもできる。歯痛が続いたら、できるだけ早く歯医者に行きましょう。

歯が痛いなら、湿ったティーバッグで痛みを軽減してみましょう。ティーバッグはタンニンを含んでいるので、痛みのある歯の周りの血管の炎症を減らすのに役立ちます。緑茶、カモミール、ミントティーバッグを使っても同じ効果を得ることができます。

By admin